アメコミ作品のフィギュアはオシャレで人気!

映画化されることが多いアメコミ作品は、日本でも人気がでてきています。また、アメコミ作品の実写版は映画で観たことはあるけど、原作のアメコミ作品を読んだことがない人も多いのではないでしょうか?アメコミ作品は、全ページカラーでおしゃれな絵柄が魅力的です。しかし、実際に原作を買って読むとなると、文化の違いから日本人にはとっつきにくいイメージがあるのも確かです。しかし、アメコミ作品は、日本の漫画とは全然作り方が違っていますから、驚くことも多く文化の違いに触れることもできます。このサイトでは、アメコミ作品についてご紹介します。

アメコミ作品を読んでみよう!

アメコミ最近、アミコミ作品がハリウッドで映画化されることが多く、人気がでてきています。アミコミ作品に興味はあるけれど、ちょっと日本人には難しそうと尻込みしてしまう人も多いようです。アミコミ作品はどんな作品なのでしょうか。

アメコミとは「アメリカン・コミック」の略です。その名の通り、アメリカの漫画ですが、1890年代の新聞掲載の漫画から始まっていて、歴史はとても長いです。アメコミは、全ページフルカラーなのが特徴で、単行本ではなく雑誌として出版されています。アメコミ全般の約7割ほどがヒーローものストーリーになっていて、他はアウトロー、ホラー、冒険などのテーマのストーリーなどです。値段は、安くても1冊1,000円以上しますが、イラストがかっこいいので部屋に飾っておくだけでも様になります。

そして、日本語に翻訳されたアミコミもたくさん販売されていますが、特定の話だけを抜粋していることが多く、ストーリーの本筋に関係ない部分は、ばっさりとカットされています。カットされた部分のエピソードにからんだ会話が普通にでてくるので、ストーリーを理解するのが難しい時もあります。そこで、翻訳されたアミコミには、翻訳者の注釈が記載された別冊付録がついてきます。注釈には、こういうエピソードがあったからこういう会話をしているなど親切に説明されています。また、アメリカンジョークやアメリカならではの風習についても紹介されていますので、アメリカの文化についても知ることができます。しかし、アメコミの中古本は、別冊付録がなくなっていることがありますから、初めてアメコミを買うなら新品を購入されることをお勧めをします

アメコミ作品は日本の漫画と何が違う?

アメコミ作品と日本の漫画は全然違います。よく知られている違いは、アメコミ作品は、全ページフルカラーで、日本は表紙のみのフルカラーが多いということです。しかし、日本の漫画とアメコミには、他にも大きな違いがたくさんあることを知らない人も多いです。

漫画日本の漫画は、漫画家や原作者がストーリーを考え、同じ漫画家が最終回まで描くのが基本です。しかし、アメコミは違います。ストーリーごとに作者が違っていて、原作者がいなくてもどんどん話は続いていきます。作業が分業制となっていて、脚本、ペン入れまですべてそれぞれの専門の担当者が作業します。ストーリー事に絵柄が変わるなどということは普通です。たまたま表紙の絵柄が気に入って買ったアメコミでも、中をあけたら全然違う絵柄でがっかりしたということもあります。もちろん、すべての作業をこなす人もいます。

どうして原作者がいなくてもストーリーを作り続けることができるのかというと、アメコミは、ストーリー、キャラクターなどの著作権は出版社にあるからです。そのため、出版社に所属しているクリエーターが既存の作品を基に新しいストーリーを考えます。そして、リレーのバトンをつなぐようにクリエーターがストーリーを繫げて、1つの作品を作っていきます。このように出版社ありきのアメコミ作品ですから、何年も連載できます。また、ストーリー設定もどんどん変化します。前回死んだはずのヒーローが、次のシリーズではぴんぴん生きているなど矛盾がでてくることもあります。日本の漫画であれば、ストーリーの矛盾があればすぐにクレームになりそうですが、小さいことは気にせず、むしろそういった矛盾を楽しむのがアメコミ作品の醍醐味とも言えます。

アメコミ作品のフィギュア買取

近年、アメコミ作品が原作のハリウッド映画が人気があることから、アメコミ作品のフィギュアが人気があります。インテリアとして部屋に置いておくだけでもオシャレでかっこいいですから、男性だけでなく、女性にもファンが多くいます。アメコミ作品のフィギュアを売ろうかなとお考えの人ならば、高値で売れるチャンスかもしれません。

宅配買取アメコミ作品のフィギュアを売る方法には、買取業者に出張買取してもらうか宅配買取があります。出張買取は、買取業者が自宅まで取りに来てくれるので、査定依頼の連絡をするだけですからとても簡単です。そして、宅配買取は、フィギュアをダンボールの詰めて送るだけの作業で見積してもらえます。どうしてもフィギュアを高額で売りたいというのならば、オークションへ出品するのも手っ取り早いですが、出品のためには、商品画像、説明文などを準備する必要があります。また梱包や発送も必要で、手間や費用がかかります。時間に余裕があり、手間暇かけるのが好きな人ならいいですのが、そうでない人のほうが多いでしょう。

やはり、フィギュアを高額で売るなら、買取業者への売るのがおすすめです。特にフィギュア専門の買取業者であれば、フィギュアの知識もあり、適格な査定をしてもらえますから高額買取してもらえる可能性もあります。もしかすると、オークションへ出品した場合と同額になるなんてこともあるかもしれません。買取方法ですが、出張買取は、人件費や交通費が発生することから高く買い取ってくれる可能性は低いかもしれませんので、宅配買取がおすすめです。また、複数の買取業者で査定してもらうこともおすすめします。査定額を比較して、一番高く買い取ってくれる業者を選びましょう。

まとめ

アメコミ作品は、日本の漫画とはまったく作り方が違います。しかし、その違いを知った上でアメコミ作品を読んでみると少し違った面白さを感じることができるかもしれません。また、アメコミ作品の魅力はなんといっても絵柄のかっこよさです。アメコミ作品のキャラクターのフィギュアは、おしゃれで存在感がありますから、美容室やセレクトショップに置かれていることもあり、コレクターが多いです。もし、アメコミ作品のフィギュアを持っていて売ろうかどうか迷っているのなら、フィギュア専門業者で査定してもらうことをおすすめします。びっくりするような査定金額が提示されるかもしれません。

★推奨LINK・・・フィギュア専門業者~買取コレクター~


関連記事